0475-82-2521

色合い変更
サイト内検索

放射線課

CT装置

放射線課では、10名のスタッフ(診療放射線技師9名、受付事務職員1名)で日直及び当直業務を行っています。

業務内容は、各種X線装置を使用して全身の撮影及び透視(X線を使用した動画)を使用した、診断治療を行っています。また、3.0T(テスラ)の超高磁場MRIと64列CTを導入して画像診断部門の充実を図り、より質の高い画像情報の提供に努力しています。

無機質で大型の機器がたくさんある当課で、痛みや病気に対する不安を持った患者様に対して、出来るだけ検査内容を説明して被曝線量を抑えて安心して検査を受けていただけるように努力しています。

イメージ

診療放射線技師紹介

高井 幸一

放射線課長
高井 幸一

  • 日本放射線技師会会員
  • 検診マンモグラフィー認定技師

有資格者数

診療放射線技師:9名、検診マンモグラフィー認定技師:3名、X線CT認定技師:3名、肺がんCT検診技師:1名、第1種放射線取扱主任合格(講習未実施):1名、医療画像情報精度管理士:1名

設備の紹介

放射線課には多くの設備がありますが、その中の一部をご紹介します。

MRI

放射線被曝は無く強い磁場と電波を利用して、脳や体内臓器、骨はもちろんですが血管、筋肉、靱帯等の描出に優れています。検査時間は、通常20~30分かかります。

MRI