0475-82-2521

色合い変更
サイト内検索

さんむ医療センターからのお知らせ

第9回九十九里緩和医療セミナーを開催しました。

第9回九十九里緩和医療セミナーは、5月21日(金)に山武郡市医師会、山武健康福祉センターに共催していただき、再び在宅緩和ケア講演会として開催いたしました。

講師には、岩手県立中部病院地域医療科長 星野 彰先生をお招きして「私たちの町の緩和ケアと地域連携~がんになっても安心して暮らせる町をめざして~」との演題で御講演いただきました。

一外科医であった先生が入院患者さんのリクエストに応えて、往診をはじめるようになったエピソードから、地域の医療者との連携を進めてゆく様子、市民や行政と一体となって、緩和ケア、在宅療養の意識を深めてゆくことにより北上地域での在宅死率が25%にまで上昇したことを、ユーモアたっぷりに、エネルギッシュにお話いただきました。そして我々のような地域でも、医療、介護、行政、市民が力を合わせ地域の力を結集し連携してゆけば、「がんになっても安心して暮らしてゆける町づくり」は可能であることを実証していただいたことに、大きな勇気と力をいただきました。

今回も、地域の医療関係者をはじめ一般市民、がん患者さんのご家族まで含め、多数の参加をいただいたうえに、講演後の先生との交流会でも話題が尽きず、大好評をいただきました。