0475-82-2521

色合い変更
サイト内検索

さんむ医療センターからのお知らせ

第7回九十九里緩和医療セミナーを開催しました。

当院の緩和医療セミナーも今回で第7回となり、院内、院外の方含め70名近くの参加がありました。

今回は、当院における緩和ケアの事例検討と精神腫瘍科医の小川朝生先生を講師に招き、「がん医療における心のケアとは、せん妄を中心に」と題してせん妄について分かりやすくお話をして下さいました。

特にがん治療において、せん妄に伴う精神症状や気分の不安定さは、疼痛コントロールが悪化したと誤解されることが多いので、背景にあるせん妄を見落とさない様に注意しなければなりません。

せん妄の早期発見をするには、睡眠状況の確認や日中の状況、摂食状況等、ていねいに身体症状を追うことが精神症状を評価するうえでも重要である事が改めて勉強になりました。

次回は、在宅医療を行っている、さくさべ坂通り診療所の大岩先生を迎え、2月18日(木)に行う予定です。内容が決まり次第、ご案内する予定でいますので、皆様の参加をお願いいたします。

今回も、地域の医療関係者をはじめ一般市民、がん患者さんのご家族まで含め、多数の参加をいただいたうえに、講演後の先生との交流会でも話題が尽きず、大好評をいただきました。